創立百周年記念事業および久徴会評議員会について

 初夏の候、益々ご清栄のこととお喜び申しあげます。平素より久徴会並びに母校の活動に対し、一方ならぬご尽力を賜り、厚く感謝申しあげます。
この度の新型コロナウィルス禍においては、全国各地で多大な影響が出ており、卒業生の皆様にとっても過酷な日々となっておりますこと、心より御見舞申しあげます。
こうした社会状況や創立百周年実行委員会メンバーが生活面、経済面でかなりな災禍を被災している状況を鑑み、去る4月30日に臨時の久徴会役員会を開催し、この度の新型コロナウィルス禍への対応について協議を行いました。実行委員会の皆様方からいただいたご意見を元に、正副会長、学校長ほか役員にて、記念式典ならびに第19回久徴会総会の開催について以下の通り決定させていただきました。苦渋の決断にご理解賜りますようお願いいたします。

 ■百周年記念式典(10月17日開催予定)

中止とする
1年延期する総会において記念式典的な要素を加えることを検討する

 ■第19回久徴会総会・懇親会(祝賀会)(10月17日開催予定)

1年延期を基本方針とする
※都度状況判断を行い、開催時期、開催方法等を協議する

 ■他の記念事業

記念誌の作成および皆様から頂戴したご寄附を元に創設する「久徴会基金」から行う以下の事業は予定通り実施いたします

 ・人財育成事業
 ・ 久徴園整備事業
 ・部室改修他環境整備事業

 中止としました式典、1年延期としました総会・祝賀会を楽しみにお待ちいただいていた皆様には誠に申し訳なく存じますが、状況をご勘案いただき、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

■令和2年度評議員会(6月19日開催予定)

中止とし、書面による決議とする。

現在、「久徴会基金」を管理・運営していくための準備を進めております。
この件につきましては、状況を見ながら7月末または8月末頃に臨時の評議員会を開催し、評議員の皆様にお諮りしたいと思います。その際はあらためてご案内いたします。

 

 令和2年5月19日
久徴会会長 池淵 俊雄

久徴会評議員の皆様には上記の内容を書面にてご報告をさせていただきました。